PART2STYLE、AIAIAI TMA-2の組合せ公開|Outlook Festival Japan インタビュー


TMA-1の頃からAIAIAIのヘッドホンを愛用している、日本のベースミュージックシーンのリーダー的存在、PART2STYLE (パートツースタイル)のMaL(マル)さん、nisi-p(ニシピー)さんのTMA-2組み合わせを公開。
さらには主催しているベースミュージックの祭典 OUTLOOK FESTIVAL JAPAN LAUNCH PARTYそしてROAD TO OUTLOOK JP 2016についても話をお伺いした。


AIAIAIについて

nisi-p: どんなファッションにも邪魔にならないで着けれるというデザイン性の高さがいいですね。圧倒的にシックでマットなブラックの感じもいい。
イベント出演するにしてもヘッドホンのファッション性1つでモチベーションのアップダウンがあったりするので。

MaL: DJ用ヘッドホンによくあるフリップアップスタイルなどハウジング部分が可動するのが煩わしいというのがあって、TMAはそれが逆に無いのがよくて。
音質が気に入ったのももちろんですけど、年間100以上ギグをやってて、常に持ち歩いて、移動中も使うし、365日のうち300日はヘッドホンを使ってる中でタフなのがいいですね。
これまでヘッドホンは色々なメーカーのものを使いましたけどAIAIAIは本当に良い。
先日、Swindleが日本に来た時、持参してたヘッドホンが壊れて、AIAIAIを貸したんですけど、「このヘッドホンいいね!」って言って超気に入ってましたよ。

TMA-2: Speaker Units

MaL: スピーカーユニットは今回、色々試してみてModeselektorモデルの音質が現場と制作の中間である意味良い誇張のされかたなのかなという気がしますね.
迫力もあって、ちゃんとローの成分も出てて。分離もいいしバランスもいい。
32Hz~35Hzくらいの音から倍音で下が聴こえてくると自分らのプレイのイメージがしやすいので、そのへんをしっかりカバーしてるのがいいですね。

nisi-p: このくらい音がよかったら移動中に制作するにも十分。

MaL: DJにも使えて、高音質でトラック制作までカバーできるS04も好きですね。Boysnoize Recordsのモデルも聴いてみて、こっちはテックなものや曲によっては合いそうな感じがします。僕らのやってる音楽だとModeselektorのサウンドユニットが一番タイトに聴こえました。十数年来、Modeselektorは好きですけど、彼らが音を監修したスピーカーユニットを聴いてみて偉大さが改めてよくわかりました。

nisi-p: S04もかなり良くて迷いましたが、Modeselektorのスピーカーユニットに。

MaL: 今回、猿を背負うのかっていう、冒険をしてみようと思います(笑)。

5B2A0951

tma-2: Earpads

nisi-p: イヤーパッドはDJやる時だと持ち運びにコンパクトにカバンに収まってくれるっていうのもあって小さいE02が良かったりします。
大きいイヤーパッドのE06は耳当たりも柔らかくフィット感が良いのでリスニング用で使う人はこれがいいかもしれないですね。

MaL: E02が汗にも強くて、クッションの弾力具合もすごく良いですね。

TMA-2: Headband

nisi-p: 僕はもう断然H01に一目惚れしましたね。
MaL: ヘッドバンドは長時間安定して着けるのであればH02のほうがいいですが、H01が1~2時間のギグには軽いし便利。

5B2A0942

TMA-2: Cable

nisi-p: ケーブルは不便無く使えるC02で。
MaL: C04に決めました。

Mal: ちなみに今までTMA-1 Beatport Editionのグリーンのケーブルでnisi-pがTMA-1 Fool’s Gold Editionのイエローのケーブルを使ってたんですけど、TMA-2ではそういった物が出る予定はあるんですか?

AIAIAI JAPAN: 実は近々、何色か新たにラインナップする予定があるのでご期待ください。

Part2Style x TMA-2

MaL

nisi-p

AIAIAI JAPAN Recommend


PART2STYLEのもとに日本の最旬ベース・ミュージック・クリエーターが集結し制作された国産ベースミュージックの最高峰アルバム。
低音総合格闘技「PART2STYLE SOUND – BASS STATION」を是非TMA-2で。

ROAD TO OUTLOOK JP 2016

[ ROAD TO OUTLOOK JP 2016 ]の決勝、3/11渋谷clubasiaにSAM BINGAが出演決定!!! 祝•初来日!!
12728788_970666199676893_544715006156648117_n

nisi-p: OUTLOOK FESTIVAL JAPAN LAUNCH PARTYへの出演権を賭けたROAD TO OUTLOOKは審査員票とオーディエンス票で勝敗が決まるのですが、昨年はオーディエンスの反応は細かく数えないとわからないほど、司会やってて困るくらい接戦で。

MaL: iSOPが派手さというよりもサウンドシステムをきっちり鳴らして実力で審査員の票を集めて優勝しましたね。

nisi-p: 去年優勝したiSOPはその先、香港のOutlook Festival Launch Partyに出演したり、そこからフェスにもちょいちょい出たり、活動もより活発になって。

MaL: そうやって活躍してってると僕らもやって良かったなと思いますね。そして今年は応募もかなり増えてて。

nisi-p: 年々、レベルも上がってるよね。今年は印象としてみんな内容をきっちり仕上げてきてます。

MaL: 現時点ではまだセミファイナル発表されてないけど、エントリーも3ケタにのぼる中で10組ほどに絞られるので、本当にクオリティの高い出場者が2/22開始のセミファイナルでは出揃います。
ネット上に応募音源を公開して皆さんのいいねの数でファイナリスト3組を決定するので是非チェックしてみてください。
→ ファイナル進出者決定しました http://outlookfestival.jp/contest_final

優勝賞品

今年の勝者にはAIAIAI国内代理店 stokyoからは下記を贈呈。

SAM BINGA

OUTLOOK FESTIVAL 2016 JAPAN LAUNCH PARTY

MaL: Outlookは日本では2011年に1回目をやって、その時は今のようなサウンドシステムを入れてっていう形ではなかったのですが、その後、本国のOutlookに出演した際に、クロアチアの最高のロケーションの中でサウンドシステムカルチャー、ベースミュージックというものを街をあげて開催してるということに衝撃を受けて、こんなこと日本でもやりたいなあと思って、しっかりとやりはじめたのが2012年から。
当時はベース・ミュージックなんて言葉も日本に無かったので、いわゆる今のベースミュージック・プレイヤーからもベースミュージックという言葉にアンチテーゼがあったくらい括りが難しくて、なかなか広げにくいな、とは思ってたんですけど、逆にOutlook Festivalをアイコンにして広げていったらいいなという気持ちで。
年々シーンが根付いてきているのを感じますが、運営というかトップに立ってる僕らがプレイヤーなので現状はいわゆるイベント屋的な拡大の仕方では無くて、中身勝負でシーンを広げていければなと。

nisi-p: プレイヤーがやってる所を良さとして、来場者皆に楽しんでもらうことはもちろん、年1回のプレイヤー同士の交流も含めてよい機会として提供し続けていけたらなと。

MaL: 今年はUNIT、UNICE、SALOONで開催なんですけど、なんでそこを選んだかというと、サウンドシステムを思う存分鳴らせる都内では有数の場所ということ、Outlookのコンテンツとして大事なサウンドクラッシュのステージが確保できるということ、など色々と条件を考えて決めたり。内容としては本当に最高のものを仕上げていけるように日々考えています。
サウンドクラッシュも絶対に面白くなるような面子が出る予定なので楽しみにしててください。

http://outlookfestival.jp/

12642724_964240903652756_1115938707313736487_n

Part2Style

ダンスホール・レゲエのサウンドシステム・スタイルを軸に、あらゆるベース・ミュージックを取り入れオリジナル曲やダブプレートを縦横無尽にプレイするサウンド。
2011年より、活動の拠点を海外にひろげ、ヨーロッパにおける数々の最重要ダンスはもちろん、世界最大のベース・ミュージック・フェス【OUTLOOK FESTIVAL】等ビッグ・フェスティバルでの活躍がきっかけとなりヨーロッパ・シーンで最も注目をあびる存在となっている。
【JAHTARI】、【MAFFI】、【DREAD SQUAD】等ヨーロッパ・レーベルからのリリース、自身のレーベル”FUTURE RAGGA”の楽曲はヨーロッパ各地で話題沸騰、数々のビッグ・サウンドやラジオでヘビープレイされている。
2013年、日本初のGRIME プロデューサー オンライン サウンドクラッシュ【War Dub Japan Cup 2013】では見事優勝を勝ち取り、国内においてもその圧倒的な存在感を示した。

12688279_1131491286869973_3925476983087195214_n
WIP CAPSとのコラボでP2Sキャップが3月に発売決定!
お問い合わせ: info@part2style.com

PRESENT

10151253_539134046204553_3790957410715896640_n本記事をtwitterもしくはFacebookでシェアしてくれた人の中から抽選で1名様に「サイン入りPART2STYLE TシャツサイズL」をプレゼント。
応募期間 3月11日まで

※当選発表は厳選なる抽選の上、当選者様へメッセージでご連絡させていただきます。(1週間返信の無い場合は当選無効となります)
※本キャンペーン対象者、景品の発送は日本国内のみとなります。


Related Posts

Comments are closed.