Leon VynehallがNinja Tuneよりアルバム「Nothing Is Still」を6月にリリース

ブライトンを拠点に活動するアーティスト、レオン・ヴァインホールがフル・アルバム『Nothing Is Still』を6月15日(金)にNinja Tunesから世界同時リリースすることを発表。

667Leon Vynehall
Nothing Is Still

Release date: 2018/6/15 (Fri)

Tracklist:
1. From The Sea/It Looms (Chapters I & II)
2. Movements (Chapter III)
3. Birds On The Tarmac (Footnote III)
4. Julia (Footnote IV)
5. Drinking It In Again (Chapter IV)
6. Trouble – Parts I, II, & III (Chapter V)
7. Envelopes (Chapter VI)
8. English Oak (Chapter VII)
9. Ice Cream (Chapter VIII)
10. It Breaks (Chapter IX)

UKのポーツマスを拠点に活動するプロデューサー、DJ、キュレーター。現在までに2枚のEPをリリースしており、〈3024〉からリリースされ、ブレイクのきっかけとなった『Music For The Uninvited』(2014年)は、母親が車でよくかけていたファンク~ソウル~ヒップホップにインスパイアされた作品で、その年の年間ベストのリストを総なめにし、Pitchfork、FACTそしてResident Advisorにて「最もエクレクティックかつ聞き応えのあるハウス作品の一つ」と絶賛された。2016年に〈Running Back〉より発表した「Rojus EP」は、レイヤーがより豊かになり、音楽の奥行きにさらなる広がりをもたせ、DJ Magの年間ベスト・アルバムと、シングル「Blush」がPitchforkのベスト・ニュー・ミュージックを獲得した。いずれの作品も、繊細に紡がれる甘美なグルーヴでダンスフロアーを歓喜の渦に巻き込んできた。2018年には〈Ninja Tune〉移籍後、自身初となるフル・アルバム『Nothing Is Still』をリリースする。


Comments are closed.