Category Archives: NEWS

DJ JURI x AIAIAI TMA-2

オリジナリティ溢れるパーカッシブなトライバルサウンド「太鼓DUB」を武器として、ダンスミュージック・シーンにおいて唯一無二の存在感を放つ女性DJ/プロデューサー「DJ JURI」さんへのサポートを開始。AIAIAI TMA-2すべてのパーツをチェックしてもらい、DJ JURIさんの活動に最適なヘッドホンを組んでいただきました。 [gallery link="none" columns="4" ids="10352,10353,10354,10355"]   [gallery columns="2" size="medium" link="none" ids="10417,10418"]
また、赤色ケーブルから他カラーも時々で変えてお使いいただいてます。  

DJ JURI'S DJ LESSON

lesson_ura http://a-un.bz/dj_lesson.html DJ&VJ BAR 阿吽 アクセス http://a-un.bz/access.html

DJ JURI

オリジナリティー溢れるパーカッシブなサウンド「太鼓DUB」というダンスミュージックのジャンルを産み出し、DJプレイ、ライブ、楽曲制作など様々な形で発表し続ける新進気鋭の女性アーティスト。 独自の世界観を表現したライブ時には、和太鼓を自ら叩くことで、トライバルのリズムを刻み、多種多様なアーティストとコラボレートしてステージを創り上げる。 世界各地のトライバル音楽と触れ合い、2008年にはオーストラリア政府より、日本とオーストラリアを音楽でつなぐ音楽親善大使に任命され、音楽を通じての国際親善に貢献。 オーストラリア原住民であるアボリジニアーティストとのコラボレーションにより、伝統音楽を電子音と融合させクラブミュージックを制作。また翌年2009年には、海洋保全のプログラム「東京アクアリオxワンオーシャンプロジェクト」に参加し、モルディブ共和国より、伝統楽器「ボドベル」との楽曲をリクエストされ 現地でレコーティング。「Paradise of Maldives (パラダイス オヴ モルディヴ)」は音楽を通じて環境や文化を世界に伝えるイベントなどで披露され、モルディブ政府が音楽親善大使に任命する。 オリジナル楽曲で自身の代表作でもある"Syamisen No Utage"は沖縄国際映画祭のオープニング曲に抜擢されたり、モスバーガー新商品のテレビCM楽曲を制作したりと、活躍の場はダンスフロアーに限らない。 2010-独自のオリジナル楽曲を違った観点で発表するため、全国各地で活躍するクリエイターと全21曲のREMIXアルバムを発表。今までの活動で出会った、才能あふれるクリエイターたちと一緒に一味違う「太鼓DUB」を展開する。全国各地で本物の音楽を追求するクリエイターとの作品は、DJ JURIの世界観をより一層ふくらますものとなった。 「Rhythm Beauty Theatre」という総合エンターテイメントの音楽プロデュースを担当し、オリジナルの楽曲にパフォーマンスアートの要素を組み込み、視覚的、体験的な音楽を披露する。 また、世界的に認知されている音響ブランド"DENON"、世界NO1のシェアを誇るDJ GEARブランド"UDG"が、その実力を認め日本人では異例の海外サポート契約をするなど、その活動の舞台はグローバルな広がりを見せている。 ■WEBSITE : http://www.djjuri.com ■Twitter : http://twitter.com/DJ_JURI
Read more

The Orbの最新作「Cow / Chill Out, World!」の全曲試聴がスタート

アンビエント・ハウスやプログレッシヴ・ハウスといったジャンルを確立するなど、シーンに多大なる影響を与え続けている重鎮ジ・オーブの最新作『Cow / Chill Out, World!』の全曲試聴がスタート! 俺たちにとって今までで最も“アンビエント”なアルバムだ - Alex Paterson ロジャー・イーノ、ユース(キリング・ジョーク)参加。アートワーク・デザインはザ・デザイナーズ・リパブリックが担当。 ジ・オーブの最新作『Cow / Chill Out, World!』は、10月14日(金)世界同時リリース! .
Read more

adidas Originals | Kittens x AIAIAI

Lauren Abedini aka Kittens Fool's Goldへ所属しリリースやイベント出演、また、 日頃より愛用するAIAIAIヘッドホンを使ってadidas Originalsの映像へ登場しています。

Athletixx

全メンバーがAIAIAIヘッドホン愛用者、各メンバーがソロでもそれぞれ名を馳せるKittens, Falcons, Promnite, HoodboiでプロデューサーチームAthletixxとしても活躍。 [gallery columns="4" link="file" ids="6444,7652,8340,8338"]
Read more

Nike Elastico Superfly

https://youtu.be/KKw-Lt4ERxk NIKE Elastico Superfly ショーン・ガルニエさんらが登場。AIAIAIのヘッドホンも出てきます。 https://youtu.be/J6a73Onaicg ショーン・ガルニエ vs ネイマール .
Read more

DJ MAG TECH AWARDS 2015 : Best DJ Headphones ‘AIAIAI TMA-2 Modular’

毎年発表される世界DJランキング「TOP 100 DJs」など人気の企画を持ち、世界中で読まれ、親しまれているUKの人気DJマガジン「DJ MAG」がベストDJ機材を選出する『DJ TECH AWARD』。 ヘッドホン部門にて品質、音質、使いやすさ、デザイン、価格に至るすべてにおいて、高い評価を受け2015年のBest DJ HeadphonesをAIAIAI TMA-2が受賞しました。 多くのトラックメーカー/DJからのフィードバックをもらい、世界でも一流のデザイナーがデザインし、モジュラーシステムという画期的なヘッドホンとして完成して送り出したTMA-2が、今回DJ Mag Tech Award 2015 Best Headphonesという形で評価されましたことをうれしく思います。 これからも皆様の音楽生活に寄り添い、たくさんの方のお役に立てますよう努力を重ねてまいります。

Novation / Remix This – Launchpad for iOS リミックス・コンペティション開催

アプリLaunchpad for iOSを使用したリミックス・コンペティションをNovationとAIAIAIのコラボレーションで開催。
 

参加作品

the prizes 賞品

2015-11-11_212106 iPad winner will receive a Novation Bass Station II iPhone winner will receive AIAIAI headphones Runner up will receive all launchpad soundpacks launchpad iPhoneやiPadでどこでも気軽に、音楽の知識がない人でも感覚的にリミックスを楽しめ、トラックメーカー/DJまで本格的なリミックスを制作可能な無料アプリ「Launchpad for iOS」
  リミックス・コンペティション詳細・エントリー方法はオフィシャルサイトで http://remixthis.launchpadforios.com/.
Read more

東京都現代美術館「東京アートミーティングⅥ ”TOKYO”-見えない都市を見せる 」「MOTコレクション」「オノ・ヨーコ|私の窓から」が開催

東京都現代美術館では11/7(土)から「東京アートミーティングⅥ ”TOKYO”-見えない都市を見せる」、「MOTコレクション」、「オノ・ヨーコ|私の窓から」がスタートします。 「東京アートミーティングⅥ ”TOKYO”-見えない都市を見せる」ではAIAIAIヘッドホンをデザインしているKiBiSiのメンバー Bjarke Ingels (ビャルケ・インゲルス)が創業したデンマークを代表する、世界有数の建築事務所 Bjarke Ingels Group (BIG)と共に新しいタイプの都市公共空間プロジェクト「superkilen」を作り上げたデンマークのアーティスト集団Superflex (スーパーフレックス)が東京の公共空間についての提言的作品を発表。 その他、YMO+宮沢章夫/ 蜷川実花/ スーパーフレックス/ ホンマタカシ/ サーダン・アフィフ/ 岡田利規 / 目【め】/ EBM(T) / 林科/ 松江哲明 ほか計9ヶ国51組の作品が登場します。 「MOTコレクション」では大友良英+青山泰知+伊藤隆之によるwithout records MOT 2015バージョンを制作展示。 「オノ・ヨーコ|私の窓から」では日比谷野外音楽堂が会場となった1969年暮の「WAR IS OVER!」のジョン・レノンとのキャンペーンの企画など、広告媒体を用いたコンセプチュアル・アートだけでなく、野外コンサートやレコードなど、ポピュラーミュージックの方法で、広くメッセージを発信してきたオノを育んだものや初期の活動が紹介されます。 アートファン/ミュージックファンに興味深く楽しめる企画展となっていますのでどうぞおでかけください。

展覧会情報

[box]会期 2015年11月7日(土)―2016年2月14日(日) *オノ・ヨーコ展のみ11/8(日)から 開館時間 10:00〜18:00 *入場は閉館の30分前まで 東京都現代美術館 MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO (MOT) へのアクセス http://www.mot-art-museum.jp/museuminfo/access.html[/box]

without records

MOTコレクションのアトリウムでは、大友良英+青山泰知+伊藤隆之の《without records - mot ver. 2015》が登場します。 古いポータブル・レコード・プレイヤーそのものを音源として使ったサウンド・インスタレーションです。 100台のプレイヤーが奏でる個性豊かな「響き」をぜひお楽しみください。 Otomo Yoshihide + Yasutomo Aoyama "without records" (2008)

Superkilen

展示アートを東京アートミーティングⅥで作品を発表するアート界の大御所Superflex、建築デザインをAIAIAIプロダクトをデザインしているKiBiSiのメンバー Bjarke Ingels(BIG)、ランドスケープをTOPOTEK1が担当した公園 スーパーキレン。 レッド(スポーツ)、ブラック(異文化住民の出会いの場)、グリーン(住民共有の庭)と3カラー/3ゾーン各々が意味を持ち、この地域に住む、文化や習慣の違いを持った50ヵ国を超える出身国の住民達が交流できる場として様々な工夫が施されている。

NADiff contemporary (東京都現代美術館 ミュージアムショップ)

Read more

接触型ベースシステム「SubPac 」/ Kode9 ‘Nothing’ 試聴体感イベントの模様

まったく新しいリスニングスタイルを提案する接触型ベースシステム「SubPac」。 サブパックは背中に背負うタイプと椅子の背もたれに設置するタイプがあり重低音を体感することができるアイテム。 防音設備の整っていない環境を気にすることなく、これで5-130hzの音を体全体で感じとることができステージ上でどのような音となるかをシミュレーション可能。 Plasticmanのアルバム発売時にはコラボモデルも発売されていました。 [gallery columns="4" link="file" ids="8013,8012,8011,8019,8008,8009,8010,8020"] プロモーションビデオやイメージ写真、イベントでの体験コーナーなどでAIAIAIのヘッドホンをお使いいただいてます。 SubPac ウェブサイト http://thesubpac.com/

Kode9 'Nothing'

Hyperdubのレーベルオーナーであり、AIAIAI愛用者であるkode9の本日発売となったファースト・ソロアルバム"Nothing"のSubpacを使った試聴イベント模様。 http://dontlosethemagic.com/journal/dltm-got-all-shook-up-kode9-launched-his-album-nothing-with-a-subpac-playback-event [gallery columns="2" link="file" ids="8015,8016"] 【HYPERDUB】の首領、KODE9による「無」をテーマにした待望のソロ・アルバム。 すでにゾンビー、メリー・アン・ホッブス、ニーナ・ラスヴェガスなど一足先にアルバムを聴いた一部関係者たちから感嘆と絶賛の嵐が続々到着! ! UKベース~ジューク/フットワークを軸にハードコアでヒプノティックなダンス・ミュージックを世界に向けて発信し続ける重要レーベル【Hyperdub】。その首領KODE9のソロ名義では意外にも初となるフル・アルバムが遂に完成! ! スペースエイプにDJラシャドと二人もの盟友を失った後に掲げられた「無」というシリアスなテーマのもと、グライム、初期ダブステップ、そして近年氏が傾倒するシカゴのフットワークなど自身のキャリアの変遷を土台に、ホラー映画のサントラからゲーム音楽まで飲込んで構築されたミュータント・ベースの未来を示唆する本作。まるでソウル・クエイリアンズ期のJディラが編んだような異形音響ジュークとして強烈な存在感を放つ「Void」(M-3)、ミニマルなピアノ・リフに螺旋状に折り重なるフリーキーな音の粒子、そしてそれを圧倒的な極太ベースで起爆する「Vacuum Packed」(M-7)やアルカ~【PAN】諸作をサブベースでビルドアップした「Respirator」(M-10)など一刻も早くフロアで浴びたいミッドナイト・バンガーを多数搭載。 その一方でシノグライムとジュークを交配した「Wu Wei」(M-8)、「Holo」(M-4)や「CasimirEffect」(M-9)のようなハイ・コントラストを効かせて透徹したフューチャリスティックでモダンなトラックのポップなフックも際立つ中、中盤に鎮座するスペースエイプ追悼曲「Third Ear Transmission」(M-5)とアルバムのコンセプトを体現する終曲「Nothing Lasts Forever」(M-14)の重みがリスナーを問う。 ダンスフロアからヴィジュアル・インスタレーションにまで接続可能な、まさに現代が求める“アルバム・フォーマット"というアート・フォームにおけるひとつの解答がここに誕生した。
.
Read more

<AIAIAI>“TMA-2 Modular”MORE VARIATION at「BEAMS RECORDS」

AIAIAI(アイアイアイ)が今年発売したカスタム可能な新感覚ヘッドホン『TMA-2 Modular』のプリセット全モデルにパーツも豊富に取り揃えたモア バリエーションが原宿のビームス レコーズで開催となります。 店頭では組み合わせを試行して試聴可能です。 開催期間 2015年10月30日(金)~11月23日(月) BEAMS各店では10月30日(金)よりダブルポイントキャンペーンも行われます。 BEAMS RECORDSには厳選された良質なアーティストのCD、レコード、カセットテープやグッズなどなど、、音楽好きにはたまらない空間です。 この機会に是非お立ち寄りください。 <AIAIAI>“TMA-2 Modular”MORE VARIATION at「BEAMS RECORDS」 http://www.beams.co.jp/news/detail/5740 アクセス http://www.beams.co.jp/shops/detail/beams-records  

NEWS

Qetic "幅広いジャンルのトップDJ、アーティストに愛用されているデンマークのヘッドホンブランド「AIAIAI(アイアイアイ)」が今年発売したカスタム可能な新感覚ヘッドホン『TMA-2 Modular』のモア・バリエーションを、原宿のビームス レコーズで開催!" http://www.qetic.jp/life-fashion/aiaiai-151028/164846/ Higher Frequency "Andras Foxと橋本徹がBeams Recordsの店頭にて”Good Mellows“なBGMをセレクトするイベントを開催。 また同期間中には、Beams Recordsでは、デンマーク・コペンハーゲンに本社を置くヘッドホンブランド〈AIAIAI〉が今年発売したカスタム可能な新感覚ヘッドホン「TMA-2 Modular」のモア・バリエーションを開催。" http://higher-frequency.com/news/8089 HARAJUKU KAWAii!! STYLE "ビームス レコーズで自分だけのヘッドホンをカスタマイズしよう" http://asbs.jp/news.php?id=3455  

AIAIAI

AIAIAIはデンマークのコペンハーゲンに本社を置くデザイン・ヘッドホン・ブランド。 北欧伝統のシンプルなデザイン、よりよいサウンドを追求する姿勢が流行という枠を超えた新しいスタイルを提案している。 Andrew Weatherall、Carl Craig、Richie Hawtin 、Bonobo、Cut Chemist 、J. Rocc、Madlibなど、幅広いジャンルのトップDJ、アーティストに愛用されている。 [gallery columns="4" link="file" ids="7966,7965,7961,7963,7960,7962,7959,7964"]
.
Read more