エレクトロ界の皇帝Boys Noizeが新曲「Overthrow」を公開

AIAIAIとの限定コラボヘッドフォンも世界各国で即完売となっている、エレクトロ・シーンのカリスマ・アーティストBoys Noizeが、LIL INTERNET監督による、ロサンゼルスの不良グループの抗争を描いたミュージックビデオと共にオリジナル楽曲としては前作『Out of the Black』以来3年半ぶりの新曲となる「Overthrow」を公開。

Boys Noize

ドイツ出身のアレックス・ニダによるソロ・プロジェクト。ジャスティスやデジタリズム、ソウルワックスなどとともに、2000年代のエレクトロ・ムーヴメントを牽引し、07年に発表したデビュー・アルバム「Oi Oi Oi」によって、ダンス・ミュージック界の最前線へと登り詰める。その作品はテクノ的なアプローチをエレクトロに導入し、いち早く次世代のサウンドに到達。同作から“& Down”や“Oh”などといったクラブヒットを連発した。そして09年にセカンド・アルバム「POWER」をリリース。ヒップホップ的なカットアップ手法、アシッド・ハウス、ミニマル・テクノなどを飲み込み、またしても新領域を開拓する。以降、世界各国のビッグイベントに出演する一方、ジャスティスやブロック・パーティ、スヌープ・ドッグやブラック・アイド・ピーズなど、多様なアーティストのリミックスも手掛けてきた。また、2010年にはゴンザレスのアルバム「Ivory Tower」をプロデュース。Skrillexとのコラボ・プロジェクト、DOG BLOODの活動など、縦横無尽に音楽シーンを駆け抜け、いまやケミカル・ブラザーズやアンダーワールド、2MANYDJ’Sなどと並び称されるスーパースターである。

フランスを代表する天才音楽家チリー・ゴンザレスとエレクトロ界の皇帝ボーイズ・ノイズによる音楽ユニット「Octave Minds」のライブ。


Related Posts

Comments are closed.