About: aiaiai

Vivamus vel sem at sapien interdum pretium. Sed porttitor, odio in blandit ornare, arcu risus pulvinar ante, a gravida augue justo sagittis ante. Sed mattis consectetur metus quis rutrum. Phasellus ultrices nisi a orci dignissim nec rutrum turpis semper.

Recent Posts by aiaiai

AIAIAI TMA-2がThe Chicago Athenaeum主催 Good Design Awards受賞

この度、世界初のモジュラー・システム・ヘッドホン AIAIAI TMA-2が“THE CHICAGO ATHENAEUM(シカゴ・アテナイオン博物館)”の「2016年グッドデザイン賞」を受賞しました。 [box]Good Design Award Eero Saarinen (サーリネン), Charles and Ray Eames (イームズ夫妻), Edgar Kaufmann Jr.(エドガー・カウフマンJr.)により1950年に創設された世界で最も歴史の長いデザイン賞。 デザイン・素材・構造と同時に、その作品の革新性やコンセプト、機能、実用性等、多くの基準で優れた作品が選ばれます。[/box] [box]chi-athenaeum The Chicago Athenaeum - Good Design Awards 2016, Winners https://chi-athenaeum.org/good-design-electronics-2016/2016/11/25/tma-2-modular-headphone-system-2015/[/box] AIAIAIは、これからも進化を続け、上質で画期的な製品をご提供してまいります。ご期待ください。.
Read more

HIROSHI WATANABE aka KAITO x AIAIAI TMA-2

テクノの総本山的レーベル「KOMPAKT」より長きに渡りKAITO名義で作品を発表してきており、2016年にはデトロイトの名門レーベル「TRANSMAT」より日本人として初のリリースをした「MULTIVERSE」が話題に。かのDERRICK MAYに“21世紀を代表する伝説的なミュージシャンであり、アーティストだ。”とまで言わしめたHIROSHI WATANABEさんにAIAIAIヘッドホンについてインタビューを実施。インタビュアーにはイベントオーガナイザー/DJとして活躍するDJ SAIMURAさんを招き、世界初のモジュラーシステムヘッドホンAIAIAI TMA-2を組み合わせてみての感想を聞いた。 DJ SAIMURA: 元々はAIAIAIをどこで知ったんですか。 HIROSHI WATANABE: ヨーロッパのほうのDJがこぞって使ってるのを見て知って。一度見たら斬新なデザインが脳裏から離れなくなって。 DJ SAIMURA: ヒロシさんは前モデルのTMA-1から使われてましたが、TMA-2を全パーツ試してみてどうでしたか。 Hiroshi_Watanabe_5B2A1944 HIROSHI WATANABE: TMA-2はTMA-1と比べてボディの材質がグレードアップされてたりして品質も良くなってるね。ケーブルプラグとジャックもよりぴったりとしっかり接続される感じで具合が良くなったと思う。 パーツ組み合わせについては、結論から言うと、TMA-2 Young Guru Presetは一番いいバランスでプリセットされてるなと。 すべてのパーツを試してみて、スピーカーユニットはS04がしっくりきて、イヤーパッドも色々試してみたんだけど、まずバランスが良いのがE05。
[gallery columns="2" link="none" ids="9495,9494"]
  スピーカーユニットは同じにしてイヤーパッドだけ変えていった時に、最初はイヤーパッドでそこまで音は変わらないと思ってたんだけど見事に変わるでしょ。 スピーカーユニットはもちろんだけど、イヤーパッドで随分と音が変わるのでイヤーパッド選びが大事。 E05の良さは適度に低域が抜けて、ハイからローまで気持ちいいバランスに見事にしてくれてるところだね。 レザー素材のE02は低域を逃がさないように作られていて、エネルギッシュに作られているスピーカーユニットS02との組合せが純粋にDJブースでのモニタリングに特化していてDJ Presetに使われてるのは当然かなと。 僕の場合は可能な限りスタジオの環境に近い状態でいつも聴こうと思っているから、DJプレイの時もS04を使っているけど十分にパワーがあるからS02ほど低域が強くなくても全く問題なくDJブースでモニタリング出来てるね。 DJ時のイヤーパッドはプレイ時間の長さや空調などの現場の状況も考慮してE02とE05を使い分けてる。
[gallery link="none" columns="1" ids="10681"]
  街歩きや移動の時はE05だとサイズが大きいのでサイズが小さいE02に付け替えて、ケーブルは電話が来た時に便利なマイク/リモコンのついたC06を使ってるね。移動時はC06が細くてかさばらずにベスト。
[gallery columns="1" link="none" ids="10699"]
  DJ SAIMURA: 今は制作でもTMA-2を使ってるんですか。 HIROSHI WATANABE: うん、使ってる。スタジオでは完全にこれ。 たまたまなんだけど僕の使ってるスピーカーの音とS04-E05のバランスが近く、ローもハイも違和感が無くて、TMA-1 Young Guru Editionの頃から使ってるんだけど完全に使い慣れちゃったね。 スタジオ用途でいえば僕はS04の音に慣れちゃってるけどS03の音が好みという人がいてもおかしくないかな。 Hiroshi_Watanabe_5B2A1970 DJ SAIMURA: 最新作「MULTIVERSE」の収録曲もこれで作られたんですか。 HIROSHI WATANABE:そうそう。全部AIAIAI TMA-2 Young.
Read more

Underground Techno & House Party “teiONclub” が “teiONklub” としてリニューアルし再始動

2008年、大阪 Club Joule よりスタートした Underground Techno & House Party "teiONclub" が、この年末 "teiONklub" としてリニューアルし、再始動する。 2016年12月27日 (火) より、全国ツアーが「東京」よりスタートし、28日 (水) は静岡県 (コラボレイト)、29日 (木) は名古屋、2017年1月14日 (土) は愛媛県、2月17日 (金) は大阪と各地で開催。又、3月11日 (土) は初の海外公演としてスイスのクラブ KHEOPS CLUB にて公演が決定し、レジデント DJ には DJ スクール IDPS 大阪校の講師を務める Energy Dai のテクノ名義 D41 と、Mika Kitten の2名が担当。その他、各地で活躍する DJ、Artist 達とコラボレイトする移動型パーティとなっている。 [gallery link="file" columns="2" ids="10771,10772,10776,10775"] 【 東京公演 】 teiONklub in TOKYO 2016.12.27.TUE @ 高円寺 CAVE https://iflyer.tv/ja/event/277740/ 【 静岡公演 】 teiONklub in SHIZUOKA 2016.12.28.WED @ dazzbar http://jakata.info/ 【 名古屋公演 】 teiONklub in NAGOYA 2016.12.28.THU @ Sonic Club Nagoya https://iflyer.tv/ja/event/277985/ 【.
Read more

JAY PRINCE x AIAIAI TMA-2

Jay Prince - Father, Father produced by Jay Prince and Mike “Scribz” Riley. UKヒップホップシーンの新星ラッパー/プロデューサーのJay Prince(ジェイ・プリンス) 新作「Smile Good (Mixtape)」より、Yolanda Adams - The Battle Is Not Yoursをサンプリングした1stシングル Father, Fatherを披露。

[gallery columns="1" link="none" size="medium" ids="9390"] [gallery columns="4" link="none" ids="10352,10353,10739,10740"].
Read more

Hiroshi Watanabe / YaMaO : MUSIC SHARE#56 @ Red Bull Studios Tokyo

ヒロシワタナベをサポートしろ。彼は21世紀のYMOだ。 そして彼は21世紀を代表する伝説的な日本のミュージシャンであり、アーティストだ。 ヒロシワタナベをリスペクトして、彼の音楽に感謝してくれ。 — デリック・メイ 2016年初頭にはテクノ史に偉大な軌跡を刻んできたデトロイトのレーベルTransmatよりEP『Multiverse EP』をリリース。 主宰Derrick Mayの審美眼により極端に純度の高い楽曲のみがナンバリングされるため、近年はリリースそのものが限定的になっている中での出来事。 さながら宇宙に燦然と煌めく銀河のようなサウンドが躍動する作品となっており、4月にEPと同名のアルバムを発表。 歴史を創出してきた数多のレーベルを拠点に世界中へ作品を届け続けるHIROSHI WATANABE。 日本人として前人未到の地へ歩みを進める稀代の音楽家と言えるだろう。 そんなHIROSHI WATANABEのDJプレイとトークを生放送でお届けします! ------------------------------------------------------- 世界に誇れる日本のミュージシャンを紹介する音楽番組 【MUSIC SHARE #55】 音楽に情熱を持ったアーティストや、Red Bullとパートナー関係にあるアーティストが無償で使用できる、音楽好きにとって特別な空間、Red Bull Studios Tokyoから生放送! 2016年11月22日(火)20:30~21:00放送回 【GUEST】 ■Hiroshi Watanabe http://www.hiroshiwatana.be/#id65 ■YaMaO (Techno bar dfloor) http://techno-bar-dfloor.osaka.jp/ 【MC】 ■本田みちよ http://michiyohonda.com 【VTR】 ■とくさしけんご「クラシックアワー」http://tokusashi-kengo.tumblr.com/ 出演者 Hiroshi Watanabe YaMaO (Techno bar dfoor) 本田みちよ http://www.musicshare.jp/

Contact to the Spirits3

ワタナベ・ヒロシが近年現場でプレイする世界の仲間達の作品やKAITO新作を収録して取り組んだ4年ぶりのDJ MIX『Contact To The Spirits 3』 15250956_1183853241706022_7831710351839417051_o
Read more

ワイヤレス・モジュラー・ヘッドホン・システム 発表 “The wireless TMA-2 Modular Headphone System”

世界初のモジュラーシステムを採用しカンヌライオンズやクリオ賞をはじめ数多くの賞を受賞し続けているTMA-2が2017年、新たな進化をとげます。 Bluetooth搭載ヘッドバンドにより実現するワイヤレス・モジュラー・ヘッドホン・システム [box]2fd6e95d171f69f5e609f8c330599337_originalAIAIAI H05 • Bluetooth 4.2, AptX-HD codec, Op-Amp • USB-Cポート搭載 • 連続使用時間: 16時間 • 充電時間: 2時間 • 無指向性マイク付属 • 本体素材: TR90 • USB-C to USB 充電ケーブル • 再生・停止・曲送り・音量調節・通話可能[/box] 国内発売準備が整い次第のリリースとなります。
h05
tma-2
.
Read more

GoldLink x AIAIAI TMA-2

2013年にKaytranadaやTa-kuらとのコラボ曲を発表し注目を集め、2014年にリリースしたミックステープ『The God Complex』がヒップホップという枠にとどまらず幅広い層で話題に。新世代ラッパーの代表格として台頭するGoldlinkが新作ビデオを公開。 [gallery columns="2" link="file" ids="10393,8856"] Kaytranada、Ta-kuもAIAIAI TMA-2の愛用者 .
Read more

DJ JURI x AIAIAI TMA-2

オリジナリティ溢れるパーカッシブなトライバルサウンド「太鼓DUB」を武器として、ダンスミュージック・シーンにおいて唯一無二の存在感を放つ女性DJ/プロデューサー「DJ JURI」さんへのサポートを開始。AIAIAI TMA-2すべてのパーツをチェックしてもらい、DJ JURIさんの活動に最適なヘッドホンを組んでいただきました。 [gallery link="none" columns="4" ids="10352,10353,10354,10355"]   [gallery columns="2" size="medium" link="none" ids="10417,10418"]
また、赤色ケーブルから他カラーも時々で変えてお使いいただいてます。  

DJ JURI'S DJ LESSON

lesson_ura http://a-un.bz/dj_lesson.html DJ&VJ BAR 阿吽 アクセス http://a-un.bz/access.html

DJ JURI

オリジナリティー溢れるパーカッシブなサウンド「太鼓DUB」というダンスミュージックのジャンルを産み出し、DJプレイ、ライブ、楽曲制作など様々な形で発表し続ける新進気鋭の女性アーティスト。 独自の世界観を表現したライブ時には、和太鼓を自ら叩くことで、トライバルのリズムを刻み、多種多様なアーティストとコラボレートしてステージを創り上げる。 世界各地のトライバル音楽と触れ合い、2008年にはオーストラリア政府より、日本とオーストラリアを音楽でつなぐ音楽親善大使に任命され、音楽を通じての国際親善に貢献。 オーストラリア原住民であるアボリジニアーティストとのコラボレーションにより、伝統音楽を電子音と融合させクラブミュージックを制作。また翌年2009年には、海洋保全のプログラム「東京アクアリオxワンオーシャンプロジェクト」に参加し、モルディブ共和国より、伝統楽器「ボドベル」との楽曲をリクエストされ 現地でレコーティング。「Paradise of Maldives (パラダイス オヴ モルディヴ)」は音楽を通じて環境や文化を世界に伝えるイベントなどで披露され、モルディブ政府が音楽親善大使に任命する。 オリジナル楽曲で自身の代表作でもある"Syamisen No Utage"は沖縄国際映画祭のオープニング曲に抜擢されたり、モスバーガー新商品のテレビCM楽曲を制作したりと、活躍の場はダンスフロアーに限らない。 2010-独自のオリジナル楽曲を違った観点で発表するため、全国各地で活躍するクリエイターと全21曲のREMIXアルバムを発表。今までの活動で出会った、才能あふれるクリエイターたちと一緒に一味違う「太鼓DUB」を展開する。全国各地で本物の音楽を追求するクリエイターとの作品は、DJ JURIの世界観をより一層ふくらますものとなった。 「Rhythm Beauty Theatre」という総合エンターテイメントの音楽プロデュースを担当し、オリジナルの楽曲にパフォーマンスアートの要素を組み込み、視覚的、体験的な音楽を披露する。 また、世界的に認知されている音響ブランド"DENON"、世界NO1のシェアを誇るDJ GEARブランド"UDG"が、その実力を認め日本人では異例の海外サポート契約をするなど、その活動の舞台はグローバルな広がりを見せている。 ■WEBSITE : http://www.djjuri.com ■Twitter : http://twitter.com/DJ_JURI
Read more

The Orbの最新作「Cow / Chill Out, World!」の全曲試聴がスタート

アンビエント・ハウスやプログレッシヴ・ハウスといったジャンルを確立するなど、シーンに多大なる影響を与え続けている重鎮ジ・オーブの最新作『Cow / Chill Out, World!』の全曲試聴がスタート! 俺たちにとって今までで最も“アンビエント”なアルバムだ - Alex Paterson ロジャー・イーノ、ユース(キリング・ジョーク)参加。アートワーク・デザインはザ・デザイナーズ・リパブリックが担当。 ジ・オーブの最新作『Cow / Chill Out, World!』は、10月14日(金)世界同時リリース! .
Read more

DJ BAKU x AIAIAI TMA-2

国内屈指のDJ/トラックメイカー/プロデューサー/ターンテーブリストとして新境地を見せた最新作「NEO TOKYO RAVE STYLE」をAIAIAI TMA-2 Young Guru Presetで作り上げたDJ BAKUさんにあらためてTMA-2の全パーツを試してもらうため、AIAIAIヘッドホン/イヤホンを愛用するダンサーのmoecaさんにTMA-2の説明をしてもらいながらヘッドホンを組んでいただいた。 (さらに…).
Read more

Recent Comments by aiaiai

    No comments by aiaiai yet.