About: aiaiai

Vivamus vel sem at sapien interdum pretium. Sed porttitor, odio in blandit ornare, arcu risus pulvinar ante, a gravida augue justo sagittis ante. Sed mattis consectetur metus quis rutrum. Phasellus ultrices nisi a orci dignissim nec rutrum turpis semper.

Recent Posts by aiaiai

Jonas Blue – By Your Side ft. RAYE (Stylist: Hrafnhildur Holmgeirsdottir)

Jonas Blueはイギリス出身のDJ、ソングライター、ミュージシャン、プロデューサーでロンドンをベースに特に“トロピカル・ハウス”ジャンルにおいて活躍中。 2015年リリースのデビューシングル Fast Car、2016年リリースのPerfect Strangers、そしてこのBy Your Sideとすべて世界的ヒットを記録している。
Jonas Blue - By Your Side ft. Raye Director: Arni and Kinski Producer: Petur Sigurdsson Production Company: Good EggGood Egg website Executive producer: John Hassay Stylist: Hrafnhildur Holmgeirsdottir Dancer: Snæfríður Ingvarsdóttir Commissioner: Ailsa Robertson .
Read more

DJ DOM-AUTO、IDA World DJ Championships 2016で準優勝の快挙

2016年12月3日、ポーランド・クラクフで開催された世界最大規模のDJバトル「IDA World DJ Championships 2016」のTechnical Categoryで強豪がひしめく中、日本代表のDOM-AUTO氏が凄まじいテクニックを披露し、予選を1位通過、最終的には準優勝に輝きました。
予選1位通過のルーティーン 決勝の映像はIDA WORLD OFFICIALのYoutubeでご覧いただけます。 また、Show CategoryではDJ BAHN氏が日本代表として出場しており、4位と上位獲得。そちらの映像もご覧いただけます。 https://www.youtube.com/user/IDAWORLDOFFICIAL/videos [box]

SDC. (Scratch Delights Co.)

Scratch Delights Co DJ DOM-AUTO氏、DJ BAHN氏が講師を務め、DJの基礎からミックス、高度なテクニックまで習得することができる広島県で開かれているDJスクール http://www.dj-school.scratch-delights-co.club/[/box]
DJ DOM-AUTO 使用モデル [gallery columns="2" link="none" size="medium" ids="9389,10805"].
Read more

Kirk Knight (Pro Era) x AIAIAI TMA-2

現在のHIPHOPシーンを語る上ではずすことのできないクルー「Pro Era」のメンバーであり『Joey Bada$$ - B4.DA.$$』でもプロデューサーとして活躍、ラップ、制作、ビートメイキングとマルチタレントを発揮するKirk Knight
サンタのプレゼント袋から出てくる物を題材にフリースタイル・リレー Featuring Joey BadA$$ CJ Fly Kirk Knight Dessy Hinds A La $ole
Read more

AIAIAI TMA-2がThe Chicago Athenaeum主催 Good Design Awards受賞

この度、世界初のモジュラー・システム・ヘッドホン AIAIAI TMA-2が“THE CHICAGO ATHENAEUM(シカゴ・アテナイオン博物館)”の「2016年グッドデザイン賞」を受賞しました。 [box]Good Design Award Eero Saarinen (サーリネン), Charles and Ray Eames (イームズ夫妻), Edgar Kaufmann Jr.(エドガー・カウフマンJr.)により1950年に創設された世界で最も歴史の長いデザイン賞。 デザイン・素材・構造と同時に、その作品の革新性やコンセプト、機能、実用性等、多くの基準で優れた作品が選ばれます。[/box] [box]chi-athenaeum The Chicago Athenaeum - Good Design Awards 2016, Winners https://chi-athenaeum.org/good-design-electronics-2016/2016/11/25/tma-2-modular-headphone-system-2015/[/box] AIAIAIは、これからも進化を続け、上質で画期的な製品をご提供してまいります。ご期待ください。.
Read more

AIAIAIヘッドホンの再生品、平行輸入品、模倣品について

AIAIAI製品の模倣品や直輸入品・並行輸入品(再生品、リファビッシュ品、B級品など)がインターネットショップで流通されております。 AIAIAI (デンマーク)から国内総代理店(有)stokyo以外に品質条件を満たしたAIAIAI正規品が国内へ輸入されることは無い為、「直輸入品」などの表記のものは不正なルートからの再生品、B級品であり、模倣品などのニセモノの場合もございます。これらのAIAIAI (デンマーク)の正規品ではないものは非常に壊れやすかったり、音質やクオリティが粗悪であることを確認しています。 販売価格が大幅に安くなっている物や製品に不備な点があるなど、疑わしい製品にはご注意ください。

 

AIAIAI JAPANではこれら直輸入品(STOKYO発行保証書と正規販売店のレシートが無い製品)の修理や交換などの製品サポートやお問い合わせは一切受け付けておりません。

 

非正規品により生じた不具合、それらに起因する破損、その他の事故などに関しましては、当社は一切責任を負いかねます。 ご購入に関するトラブルにつきましても対応いたしかねます。 ご購入される際は、くれぐれもご留意いただきますようお願い申し上げます。

 

【正規品の見分け方】 ■同梱された保証書(STOKYO発行)

 

STOKYO発行の保証書の無い製品はAIAIAI正規品ではございません。 お買い求めの際は、STOKYO発行保証書付の国内正規品かどうかをご確認ください。

 

正規品のAIAIAI TMA-2は内部構造の品質も高く、ヘッドバンドも全く折れることの無い強度があります。 安心してお使いいただくためにも、正規品をご検討いただけますようお願い申し上げます。

HIROSHI WATANABE aka KAITO x AIAIAI TMA-2

テクノの総本山的レーベル「KOMPAKT」より長きに渡りKAITO名義で作品を発表してきており、2016年にはデトロイトの名門レーベル「TRANSMAT」より日本人として初のリリースをした「MULTIVERSE」が話題に。かのDERRICK MAYに“21世紀を代表する伝説的なミュージシャンであり、アーティストだ。”とまで言わしめたHIROSHI WATANABEさんにAIAIAIヘッドホンについてインタビューを実施。インタビュアーにはイベントオーガナイザー/DJとして活躍するDJ SAIMURAさんを招き、世界初のモジュラーシステムヘッドホンAIAIAI TMA-2を組み合わせてみての感想を聞いた。 DJ SAIMURA: 元々はAIAIAIをどこで知ったんですか。 HIROSHI WATANABE: ヨーロッパのほうのDJがこぞって使ってるのを見て知って。一度見たら斬新なデザインが脳裏から離れなくなって。 DJ SAIMURA: ヒロシさんは前モデルのTMA-1から使われてましたが、TMA-2を全パーツ試してみてどうでしたか。 Hiroshi_Watanabe_5B2A1944 HIROSHI WATANABE: TMA-2はTMA-1と比べてボディの材質がグレードアップされてたりして品質も良くなってるね。ケーブルプラグとジャックもよりぴったりとしっかり接続される感じで具合が良くなったと思う。 パーツ組み合わせについては、結論から言うと、TMA-2 Young Guru Presetは一番いいバランスでプリセットされてるなと。 すべてのパーツを試してみて、スピーカーユニットはS04がしっくりきて、イヤーパッドも色々試してみたんだけど、まずバランスが良いのがE05。
[gallery columns="2" link="none" ids="9495,9494"]
  スピーカーユニットは同じにしてイヤーパッドだけ変えていった時に、最初はイヤーパッドでそこまで音は変わらないと思ってたんだけど見事に変わるでしょ。 スピーカーユニットはもちろんだけど、イヤーパッドで随分と音が変わるのでイヤーパッド選びが大事。 E05の良さは適度に低域が抜けて、ハイからローまで気持ちいいバランスに見事にしてくれてるところだね。 レザー素材のE02は低域を逃がさないように作られていて、エネルギッシュに作られているスピーカーユニットS02との組合せが純粋にDJブースでのモニタリングに特化していてDJ Presetに使われてるのは当然かなと。 僕の場合は可能な限りスタジオの環境に近い状態でいつも聴こうと思っているから、DJプレイの時もS04を使っているけど十分にパワーがあるからS02ほど低域が強くなくても全く問題なくDJブースでモニタリング出来てるね。 DJ時のイヤーパッドはプレイ時間の長さや空調などの現場の状況も考慮してE02とE05を使い分けてる。
[gallery link="none" columns="1" ids="10681"]
  街歩きや移動の時はE05だとサイズが大きいのでサイズが小さいE02に付け替えて、ケーブルは電話が来た時に便利なマイク/リモコンのついたC06を使ってるね。移動時はC06が細くてかさばらずにベスト。
[gallery columns="1" link="none" ids="10699"]
  DJ SAIMURA: 今は制作でもTMA-2を使ってるんですか。 HIROSHI WATANABE: うん、使ってる。スタジオでは完全にこれ。 たまたまなんだけど僕の使ってるスピーカーの音とS04-E05のバランスが近く、ローもハイも違和感が無くて、TMA-1 Young Guru Editionの頃から使ってるんだけど完全に使い慣れちゃったね。 スタジオ用途でいえば僕はS04の音に慣れちゃってるけどS03の音が好みという人がいてもおかしくないかな。 Hiroshi_Watanabe_5B2A1970 DJ SAIMURA: 最新作「MULTIVERSE」の収録曲もこれで作られたんですか。 HIROSHI WATANABE:そうそう。全部AIAIAI TMA-2 Young.
Read more

Underground Techno & House Party “teiONclub” が “teiONklub” としてリニューアルし再始動

2008年、大阪 Club Joule よりスタートした Underground Techno & House Party "teiONclub" が、この年末 "teiONklub" としてリニューアルし、再始動する。 2016年12月27日 (火) より、全国ツアーが「東京」よりスタートし、28日 (水) は静岡県 (コラボレイト)、29日 (木) は名古屋、2017年1月14日 (土) は愛媛県、2月17日 (金) は大阪と各地で開催。又、3月11日 (土) は初の海外公演としてスイスのクラブ KHEOPS CLUB にて公演が決定し、レジデント DJ には DJ スクール IDPS 大阪校の講師を務める Energy Dai のテクノ名義 D41 と、Mika Kitten の2名が担当。その他、各地で活躍する DJ、Artist 達とコラボレイトする移動型パーティとなっている。 [gallery link="file" columns="2" ids="10771,10772,10776,10775"] 【 東京公演 】 teiONklub in TOKYO 2016.12.27.TUE @ 高円寺 CAVE https://iflyer.tv/ja/event/277740/ 【 静岡公演 】 teiONklub in SHIZUOKA 2016.12.28.WED @ dazzbar http://jakata.info/ 【 名古屋公演 】 teiONklub in NAGOYA 2016.12.28.THU @ Sonic Club Nagoya https://iflyer.tv/ja/event/277985/ 【.
Read more

JAY PRINCE x AIAIAI TMA-2

Jay Prince - Father, Father produced by Jay Prince and Mike “Scribz” Riley. UKヒップホップシーンの新星ラッパー/プロデューサーのJay Prince(ジェイ・プリンス) 新作「Smile Good (Mixtape)」より、Yolanda Adams - The Battle Is Not Yoursをサンプリングした1stシングル Father, Fatherを披露。

[gallery columns="1" link="none" size="medium" ids="9390"] [gallery columns="4" link="none" ids="10352,10353,10739,10740"].
Read more

Hiroshi Watanabe / YaMaO : MUSIC SHARE#56 @ Red Bull Studios Tokyo

ヒロシワタナベをサポートしろ。彼は21世紀のYMOだ。 そして彼は21世紀を代表する伝説的な日本のミュージシャンであり、アーティストだ。 ヒロシワタナベをリスペクトして、彼の音楽に感謝してくれ。 — デリック・メイ 2016年初頭にはテクノ史に偉大な軌跡を刻んできたデトロイトのレーベルTransmatよりEP『Multiverse EP』をリリース。 主宰Derrick Mayの審美眼により極端に純度の高い楽曲のみがナンバリングされるため、近年はリリースそのものが限定的になっている中での出来事。 さながら宇宙に燦然と煌めく銀河のようなサウンドが躍動する作品となっており、4月にEPと同名のアルバムを発表。 歴史を創出してきた数多のレーベルを拠点に世界中へ作品を届け続けるHIROSHI WATANABE。 日本人として前人未到の地へ歩みを進める稀代の音楽家と言えるだろう。 そんなHIROSHI WATANABEのDJプレイとトークを生放送でお届けします! ------------------------------------------------------- 世界に誇れる日本のミュージシャンを紹介する音楽番組 【MUSIC SHARE #55】 音楽に情熱を持ったアーティストや、Red Bullとパートナー関係にあるアーティストが無償で使用できる、音楽好きにとって特別な空間、Red Bull Studios Tokyoから生放送! 2016年11月22日(火)20:30~21:00放送回 【GUEST】 ■Hiroshi Watanabe http://www.hiroshiwatana.be/#id65 ■YaMaO (Techno bar dfloor) http://techno-bar-dfloor.osaka.jp/ 【MC】 ■本田みちよ http://michiyohonda.com 【VTR】 ■とくさしけんご「クラシックアワー」http://tokusashi-kengo.tumblr.com/ 出演者 Hiroshi Watanabe YaMaO (Techno bar dfoor) 本田みちよ http://www.musicshare.jp/

Contact to the Spirits3

ワタナベ・ヒロシが近年現場でプレイする世界の仲間達の作品やKAITO新作を収録して取り組んだ4年ぶりのDJ MIX『Contact To The Spirits 3』 15250956_1183853241706022_7831710351839417051_o
Read more

Recent Comments by aiaiai

    No comments by aiaiai yet.